第10回日本e-Learning大賞 総務大臣賞

  • 社内の「交通安全教育」
  • 社員口コミ
  • すべて解決
負担はゼロ
一人ひとりの診断からアドバイスまでをパッケージ化、ご担当者様は教材の扱いのわずらわしさや診断結果の活用に悩むことがありません。
業務に支障はありません
Eラーニングですので、いつでも、どこでも研修に取り組めます。集まって一斉に研修をする必要もありませんので、お仕事にはほとんど支障が出ません。
内容が具体的
阪神高速道路の膨大な事故データ他に基づいて構築され、研修教材の効果も統計的に検証しているため、事故を起こさないための意識や態度がしっかり身につきます。
新しい安全運転教材
これまでの教材では見落とされがちな阪神高速の内容が充実。一般道路での事故と、被害が大きくなりがちな「高速道路での事故」の両方の対策に有効です。

「阪高SAFETYナビ」では、次のようなツールを用意しています。

分類 ツール ツールの概要
WEBプログラム 運転に対する態度等の適性を診断します。
危険予測と回避のトレーニングを行い、診断とアドバイス情報を提供します。
ゲーム感覚で運転年齢と運転能力を診断し、アドバイス情報を提供します。
予定する阪神高速道路利用経路の安全運転計画を通して、具体的なアドバイス情報を提供します。
ダウンロード・ツール 研修用テキスト、自己学習用参考書として活用してください。
阪神高速道路を安全、安心してご利用いただくための情報が一目でわかります。
日常の朝礼や点検で活用してください。

WEBプログラムは、お一人おひとりが自由に取り組むことができますが、「SAFETYドライブ・カウンセリング」と「SAFETYドライブ・トレーニング」は、団体でお申込みいただいて、個人だけでなく団体の診断と情報提供も致します。団体全員の安全運転の向上にお役立てください。

研修パッケージ例

プログラムの活用例やコンテンツの活用例をわかりやすくお示しします。貴団体の状況に応じて活用してください。

お役立ちコンテンツ

日頃の安全運転に活用できる便利ツールや教本を用意しました。ダウンロードして日常点検や朝礼などでも活用してください。

参加団体・企業紹介

これまでに「阪高SAFETYナビ」に参加された団体・企業を紹介します。参加された団体・企業のご担当者様の声を紹介しています。

お申込み

参加を検討される場合は、こちらからお問い合わせ、お申し込みください。

SAFETYドライブ「チェック」
ゲーム感覚であなたの運転年齢と運転能力をチェックします。また、豊富なデータを活用して、事故の起こしやすさや注意すべき運転場面など、運転に役立つアドバイスをいたします。

取り組みの流れと特徴

  • 交差点をイメージした図上を移動するクルマアイコンを使って、ゲーム感覚のテスト。
  • あなたの運転年齢と運転能力を評価して診断
  • 豊富なデータをもとに、注意すべき事故形態などのアドバイス。
スタッフドライブカウンセリング
阪神高速で事故につながりやすい場面で構成する運転適性診断です。従業員様の安全運転力を簡単に把握できるだけでなく、個別アドバイスで従業員様の安全運転力の向上をサポートします。

取り組みの流れと特徴

  • 厳選した30場面で、従業員様の安全運転意識を診断。
  • 回答に応じた具体的なアドバイスで、従業員様の安全運転知識もアップ。
  • 従業員様の安全運転力を簡単把握。注意のポイントは日々の安全運転管理にお役立てください。
セーフティドライブトレーニング
阪神高速の代表的な走行場面の映像を用いた、個人で取り組めるKYT(危険予知トレーニング)です。従業員様の見落としがちな危険場面が簡単に把握でき、ポイントを絞った指導にもご活用いただけます。

取り組みの流れと特徴

  • 実際の走行場面映像を使って実用的なKYTを実現。
  • 見落とした危険を分かりやすく解説。従業員様の危険予知の向上をサポートします。
  • 従業員様が見落としがちな危険場面が把握でき、ポイントを絞ったフォローアップに便利です。

阪高SAFETYナビでは、個人取り組み用のページ(個人取り組み用は高速道路のみを対象)を開設していますので、
内容を確認したい方はコチラをお試しください。
なお、企業研修等でのご利用は、集計等が充実した下記のSTEPでご登録ください。

SAFETYドライブ「プランニング」
利用する阪神高速道路上のリスクを考えます。その移動では、どこがどのように危険かをあらかじめ計画し、それに対して適切なアドバイスをいたします。

取り組みの流れと特徴

  • その移動での阪神高速道路上の危険な場所を計画想定してください。
  • 豊富なデータを活用して、経路上の危険な区間と内容をフィードバックします。
  • 特に危険な地点は、商材図上でお示しし、安全運転をアドバイスします。